茶器を楽しむ

お茶を楽しむために欠かせない茶器

以前にも急須でお茶を飲むことの利点を紹介しました。お茶といっても、玉露、上級煎茶、下級煎茶、ほうじ茶、番茶、紅茶など多種多様です。そして、お茶も種類によって形状などに違いがあり、香り・味・水色もそれぞれ特有です。美味しいお茶を淹れるためには、茶種の特徴に合わせて、味を良く引き立てる茶器を選ぶことが美味しさを引き出すポイントになります。
せっかく美味しいお茶を飲むのだから、茶器にこだわりを持つのもよいですね。

お茶の種類によって急須や茶碗を変える

茶碗には様々な大きさがあり小さいものから玉露、上級煎茶、中級煎茶、番茶・ほうじ茶の順でそれぞれのお茶にあった作りになっています。また、茶碗の形は大きく分けて二種類あります。背が低く飲み口が広がっているくみ出し茶碗型は、煎茶や玉露用として、もてなし用に使われ、背が高く、太い筒のような湯飲み茶碗は、普段使いの茶碗として使われるのが一般的です。

お茶の種類によっておいしくはいる急須も異なります。玉露や高級煎茶は、少量のお湯にじっくりと旨みを抽出させるため急須も小ぶりのものを使います。玉露用の急須は90mlが入る急須が良いでしょう。上級煎茶には250mlが入る急須、中級煎茶には600mlが入る急須が良いでしょう。また、玄米茶やほうじ茶、番茶などはたっぷりのお湯でいれるため、急須も800cc入るような大きなものがあると便利です。また熱湯を使うので熱を逃さない土瓶も雰囲気があっておすすめです。

茶種によるおすすめの急須サイズ

玉露90mlが入る急須
上級煎茶250mlが入る急須
中級煎茶600mlが入る急須
ほうじ茶・番茶800mlが入る急須

コーディネートを楽しむ

来客用などの際、忘れてはならないのが茶托です。茶托の大きさは、茶碗を茶托にのせ、両方の親指が茶碗の左右に入るサイズが目安とされています。一般的に使われるのは木製ですが、玉露用などの小さく軽い茶碗には重量感のある錫製などが合います。大振りの湯飲み茶碗には茶托は用いませんが、テーブルなどの傷つき防止のためなどに布コースターなどを使用するのもオシャレですね。

また、春には白地や淡色の薄手のもの、夏には水出し冷茶を涼しげなガラスの器で、秋冬には温かみのある色合いの茶器使うなど、季節によってコーディネートを変えていくのもよいです。

素敵なお茶時間を楽しむために

今ではオシャレな急須や茶碗など多くの茶器がいろいろなところで創り出されています。美味しさを引き立たせるためにお茶の種類によって急須や茶碗をけるだけでなく、プラスアルファで自分好みの茶器を使うことは、何物にも代えられない素敵なお茶時間になるでしょう。お茶と茶器、セットで自分好みの素敵なお茶時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。