お茶の保存方法

伊勢治では開封後賞味期限:1年 未開封時は冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存をお願いしています。
ただ、冷蔵庫から出して冷えているお茶をそのまま開封すると、温度差で水分を吸収してしまうため、鮮度が落ちてしまいます。常温に戻してから開封してください。

開封後については、密封性の高いお茶缶などに移して温度変化の少ない冷暗所に常温保存をしてください。よく開封後のお茶を淹れるたびに、冷蔵庫に保管している方がいますが、お茶は温度変化を嫌がります。湿気や臭いを吸いやすく、味の劣化が進んでしまいます

お茶缶で常温保存した際でも2週間~1か月程度で飲み切るようにしてください。それ以上の量がある場合は、しっかり密封をして冷蔵庫もしくは冷凍庫に入れて長期保存をしてください。

お茶缶はいろいろありますのでいろいろと探してみるのも良いかと思います。シンプルなものからかわいいもの。様々ございます。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。