和紅茶

和紅茶とは

紅茶といえば、インドやスリランカ、インドネシアが生産地として有名ですが、日本でも昔から作っていました。昔は、海外から入ってくる紅茶の方が品質がよかったため、日本の紅茶は影を潜めていましたが、今では負けない位良いものを作っています。
最近では「和紅茶」という名前で注目を集めており、一般的な紅茶とは少し違う味わいが人気を集めています。

海外の紅茶の特徴はなんといってもフルーティな香りとコク、パンチの効いた味が特徴的です。紅茶との違いは、なんといっても甘く柔らかな飲み口とバランスのとれた香りです。
紅茶の渋みのある味が苦手な人には和紅茶はおすすめです。

タンニン(カテキン・紅茶ポリフェノール)

カテキンは緑茶に含まれる主要成分ですが、和紅茶にも多く含まれています。抗酸化作用の働きにより体の酸化を防ぎます。
そのほか、老化防止、風邪予防などの抗菌作用、解毒作用、成人病予防など様々な効果があります。

熱湯での淹れ方

茶葉の量1人3g(ただし、1回入れるのに5gはないと薄くなります。1人の場合は5g程度使ってください。)
お湯の温度95〜100℃
抽出時間1〜3分

冷水出し

冷茶にする場合は熱湯の量を1/4程にして濃い目のお茶を作ってから氷を注いでください。渋みが少なく、さっぱりとしたほのか甘さは、どのような食事やスイーツにも合います。

茶葉の量1人5g
お湯の温度95〜100℃
抽出時間3分

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。