今年も新茶の季節がやってきました。

2020年伊勢治の新茶

今年も新茶の季節がやってきました。
世間ではコロナウイルスが流行しておりますが、お茶はコロナウイルスにも効果があると信じています。昔から「新茶を飲むと1年間無病息災で過ごせる」という言い伝えがある位ですから飲まないのはもったいない!

新茶とは

新茶とはその年の最初に生育した新芽を摘み採って作ったお茶のことを指します。よく「夏も近づく八十八夜(今では5月1日~3日頃)」といいますがこの頃のお茶は冬に蓄えた旨味が詰まっていて一番おいしい時期になります。初物で旨味たっぷりのお茶ですので、無病息災不老長寿の飲み物と言われるわけです。

新茶がおいしい理由

お茶の旨味成分であるアミノ酸「テアニン」はお茶にしか存在しない成分でリラックス効果、ストレス軽減する効果があります。
本来は、玉露や高級煎茶などに多く含まれる成分ですが、新茶にはテアニンがおおく含まれています。自粛ムードでストレスが溜まっている時に、新茶を飲んで家族でリラックスしてみてはいかがでしょうか?

新茶の飲み方

新茶の旨み成分を引き出すために、玉露やかぶせ茶のように、低い温度でやや長い時間で淹れるのをおすすします。2煎目は、健康のために高温でさっと淹れ、カテキンなどの苦味成分も飲むといいです。ウイルスに負けない身体作りに効果があります。
詳しくはコラム「お茶で免疫力を高めてウイルスから身を守ろう」にもありますので合わせてご覧ください。

伊勢治の新茶

今年の伊勢治の新茶は西の方から鹿児島、宮崎、うれしの、静岡など全国から厳選しました。
年に一度、初物ですので楽しんでいただけるようなお茶を目指しています。
御進物や母の日のプレゼントにも最適です。ぜひ、健康の贈り物に新茶を。

特集一覧